B型肝炎の給付金受付期限は
平成29年1月12日までです。

 

まだ1年ある? いいえ,もう1年しかないんです!

 

B型肝炎訴訟を悩むアナタが、
行動を急ぐべき理由が2つあります。

 

 

B型肝炎の給付金受給資格はあるのに支給されない…そうならない為に相談を急ぐべき2つの理由

 

期限直前になるとB型肝炎訴訟を請け負う弁護士事務所が込み合う恐れ

給付期限の1年前(平成28年1月)になると、
確実に駆け込み需要が多くなります(※下記説明参照)

 

しかし、B型肝炎のような医療関係を扱える法律事務所の数は限られています。
費用面でも条件のいい法律事務所から順番に埋まっていくことに…

 

当然相談をした順番で取り組んでいきますから、
順番待ちをしている間に期限を迎えてしまった、なんてことになりかねません。

 

相談するのがあと一か月早かったら…
なんて後悔で終わらせるには、給付金の額は大きすぎます。

 

自分が給付対象なのかは電話一本で確認可能です。

ギリギリになって焦る前に、まずは無料相談を利用してみましょう。

 

B型肝炎訴訟 無料応相談窓口

現在、推定給付対象者40万人に対して、支給が完了している人は1%未満の3千人と言われています。残りの方は『相談しようか…』と迷っている段階だと言えます。この人たちが、期限1年前となると無料相談に駆け込むことが予想されます。

 

 

B型肝炎訴訟は相談から給付金支給までに時間がかかります!

B型肝炎の給付期限は平成29年1月12日とされていますが、
この日までに訴訟をしていることが条件となります。

 

注意しなければいけないのは、ギリギリになって相談をしても
すぐに訴訟が起こせるワケではないということ。

 

相談→訴訟にかかる期間は人によって異なります。
本人が感染者なのか、証拠書類がどれだけ残っているのか(※下記説明参照)
などの様々な要因によって期間が変わってきます

 

また、期限間近になれば相談者の数も増えるため
担当弁護士がアナタのために使える時間も限られてきます。

 

1日でも早く相談することで、入念な準備が出来るため
相談→訴訟→和解(給付金支給)までの期間を短くすることが出来ます。

 

B型肝炎訴訟 無料相談窓口

『証拠書類がない』と諦めてしまう人が多いです。証拠書類がない場合でも、代替書類を用意することで和解が成立しています。素人の判断で諦めてしまう前に、まずは無料相談で給付金の支給が可能かどうかをプロに確認しましょう。

 

 

無料相談は実績のある法律事務所へ・・・

B型肝炎訴訟で実績のある弁護士事務所
B型肝炎訴訟 和解までの流れ

相談者が裁判所へ出廷することはありません。基本的に全て弁護士にお任せすれば大丈夫!

 

 

初期費用

 

 

 

 

相談料・着手金・調査費用

給付金の受給まで費用はかかりません

 

 

 

 

弁護士費用

 

 

 

実質負担 給付金の

 

弁護士費用は給付金の支給対象(給付金の4%)になっています。フレイ法律事務所の費用は給付金の6%ですが、その内4%は支給されるので実質負担は給付金の2%です。

 

B型肝炎訴訟 無料相談窓口